旅好きともこの子育てlife
子連れ旅や幼児教育などのログ
子連れ旅行記

【子連れ旅】生後6ヶ月で初飛行機~沖縄2泊3日旅~

旅が好きな私は特に飛行機に乗って旅行へ行くのが好きなのですが

娘との初飛行機旅は生後6ヶ月で沖縄へ行った旅行でした。

子連れのお友達たちとの女子旅で、子供たちのペースでゆったり旅ができたのでよかったです♪

娘の飛行機デビューはギャン泣きか?母のようにハマっちゃうか??笑

どうなることかと思ったのですが、無事に何事もなく旅行ができてホッとしました。

離乳食を始めたばかりでどうやって食べさせようかなどなど、色々迷ったこともあるので参考にしてもらえたらと思います♪

羽田空港から那覇空港へ

私がJALマイラーという理由でJALのツアーで旅行の申し込みをして段取りをしました。

飛行機の時間やホテルによって値段も違うので、計画を立てるときにはこまめにサイトをチェックすることをオススメします!
JALで行く、格安国内旅行なら【ニーズツアー】!

羽田空港から朝の便で那覇空港へと向かいました。早朝に車で羽田空港までの移動だったのでグズグズかと思いきや。

お友達も一緒だったので意外とのんびりまったり過ごしてくれていました♪

私は機内では薄着なことが多くて、娘も暑くてグズグズしたら嫌だな〜と思っていたのですが、行きの飛行機はそこまで暑くなくてよかったです♪

1月の旅行だったので暖かい上着を着せていたのですが脱がせて1枚でちょうどいいくらい。

まだ母のお膝の上の席なのに、1人で座らせると大人しくて私の膝の上だとバタバタと暴れ出す・・・

早くも自分の席が欲しいと言っているような態度でした笑

2歳までの子供がいると、最優先で機内へ案内してくれるのですがトイレへ行ったりギリギリまで搭乗口の近くの椅子で遊ばせていたので

機内では離陸直前から授乳を始めて空の上に着いた頃にはぐっすり眠っていました♡

お腹がいっぱいになるとすぐに寝てしまうので楽といえば楽ですね。授乳中の旅は笑

機内Wi-Fiサービスを使ってちょっとネットを見ていたらあっという間に2時間半ほどのフライトが過ぎ那覇空港に到着。

さくらジンベエジェット♡なかなか見られないので思わず立ち止まって写真撮影♪

那覇空港へ着いてからはレンタカーシャトルバス乗り場へ行ってタイムズレンタカーでレンタカーを借りてホテルや観光地を巡りました。

借りた車はスバルのインプレッサ。

沖縄はレンタカーで観光する人がとても多いようで、レンタカー屋さんもたくさんあるので金額や空港からレンタカー屋さんまでの距離などを比較して予約するといいと思います。
沖縄の格安レンタカー予約なら【スカイレンタカー】

レンタカーを走らせてまず向かったのはおもろまちにある免税店Tギャラリア

ハワイやグアムの中心地にもあるDFSの免税店で日本人でも内地へ戻る航空券を持っていれば免税で購入することができるので、お目当てのブランドアイテムや化粧品がある人にはぴったりのお店です♡

私はここの上の階にあるパインツリーブレスのタコライスが食べたくてここでランチを♪

沖縄そばなどの沖縄料理もあるしキッズプレートもあるのでご当地の食事をしたい人も沖縄料理は苦手な人にもオススメのお店です。

宿泊先はプラベートリゾートオクマ

今回の沖縄旅での宿泊先はプライベートリゾートオクマにしました。

おもろまちのTギャラリアからは2時間以上車で北上するので結構遠いです。

でも!遠い分、海はプライベートビーチで宿泊者くらいしかいないので静かでとっても綺麗でゆっくり過ごせます♡

フロントからお部屋までは荷物もあったので車で送ってもらってお部屋のコテージへ。

広い敷地の中にコテージが点在しているのでとってものんびりできてお気に入りのホテルです♪

長距離の道中、娘はチャイルドシートでほとんど寝ていたので夜まで元気いっぱいでした笑

2日目の朝は朝食前にビーチをお散歩して沖縄気分を味わってから朝食会場へ。

キッズチェアが完備されているので食事がとっても楽でした♪

今回の沖縄旅の1ヶ月ほど前からおかゆの離乳食を始めたので、みんなと一緒の朝ごはんのときに持参した離乳食用のフリーズドライのおかゆを頬張っていました♪

和光堂のフリーズドライのおかゆはかさばらなくて持ち運びやすいし、米粒がかなり潰されているのでつぶさなくていいのも楽でよかったです。

母の朝食はゴーヤ&スパム入りのオムレツ♡かわいい顔まで書いてくれて朝からテンション上がりました〜

沖縄料理が多くて食べ応えのある朝食でよかったです。

別の日は窓側の席で♪

海が広がる景色ではないけれど、人通りもあまりないのでゆっくり過ごせます。

朝のビーチへのお散歩。

前向き抱っこで海をぼーっと眺めていました♡

エルゴの360の抱っこ紐は子供を前向きにすると体重が前のめりになるので腰への負担が結構あるのですが、景色や色々なものを見せたいときにはやっぱり前向きがいいですね♪

帰りはクラスJの空席があったので変更してもらってクラスJシートに座って羽田空港への帰路へ。

帰りの機内は暑くて娘も顔が真っ赤になるほどのぼせていました・・・

おかげであまり機内で授乳してもあまり寝付けず、1月の機内でノースリーブで過ごしていました。。。

機内での温度調節は結構難しいですね。。


子連れ沖縄旅のおすすめ観光スポット

2日目・3日目の帰りの飛行機までの観光タイムには初沖縄の友人もいたので沖縄らしいところへお出かけしました。

まずは子連れならなおさら外せない美ら海水族館

イルカのショーやウミガメの水槽などなど子供たちも夢中になれるし大人も楽しいので1度は行ってみたい場所ですよね♪

美ら海水族館名物のジンベエザメのいる大水槽。

午前中のほうが割と人が少なくて大水槽を堪能できます。

娘も目をキョロキョロさせていました♪

水槽横のカフェでタイミングよく水槽の真横の席が空いていたのでゆっくり魚の泳ぐ姿を堪能しながらお茶をしてまったり。

子供ってお茶をしていてもすぐに他の場所へ行きたがるけれど、水槽の真横でたまにマンタやジンベエザメがやってくると

「おぉぉぉ〜〜〜!!!」っと興奮していて、ここは少し長居できてゆっくりできました♡

プライベートリゾートオクマでは、お願いしたらB型ベビーカーを借りられたのでレンタカーに乗せて観光できたのもよかったです。

古宇利島へ行って綺麗なビーチを眺めに♪

初めて来たときよりも、古宇利島は嵐効果なのか??だいぶ観光地化されてお店も増えて人も多くてびっくりでした。

橋を渡ってすぐの駐車場へ車を停めて、沖縄ならではのブルーシールアイスを。

ちんすこう味♡私は好きな味でした♡

帰りの那覇空港へ向かう途中にせっかく沖縄へ来たので国際通りでお土産やさんをぶらりと。

写真はないのですが、古宇利島から美ら海水族館へ向かう途中にあった沖縄土産で有名な紅芋タルトなどのお菓子御殿へも行ってみたりしました♪

市場などにも行ってみたかったけれど、さすがに2泊3日で国頭エリアへ宿泊してしまうと移動時間が多くなってしまって観光は限られてしまうのですが、その分ホテル周辺のビーチなどでゆっくりできたし

名所はいくつか回れたのでだいぶ充実した旅でした♪

いつもベビーカーにつけているお出かけ用のおもちゃをシートベルトに付けてあげたらちょっと暇なときには遊んでくれて、いつもと変わらないものなどで空間を作ってあげると、安心してくれそうでお気に入りのおもちゃはぶら下げて持っていくのはオススメです♪

離乳食期の赤ちゃんの旅行グッズリスト

2泊3日の国内旅行なので、そこまで大量に離乳食グッズも持って行かなかったのですが

離乳食3日分と麦茶、プラスチックカップとケース付きのスプーンは必須かと。

自宅で普段使い慣れているスプーンのほうが赤ちゃんも食べやすかったりもするのでケース付きのスプーンは便利アイテムです。
沖縄だとレンタカーを借りていればイオンが何ヶ所もあってオムツや赤ちゃんグッズがなくなってしまってもすぐに買いに行けたり、ホテル内にも色々売店に売られているので困ることはほとんどなさそうですね。

今回持っていった物は

  • 抱っこ紐
  • 抱っこ紐に付けられる防寒ケープ(1月の沖縄は風が結構冷たかったです)
  • プラスチックカップ
  • マグ
  • スプーン
  • 除菌シート
  • おしりふき
  • オムツ
  • ベビーカーにぶら下げているおもちゃ数点(歯固めなど)
  • 帽子(防寒にも日除けにもなってとってもオススメ)

ベビーカーはおすわりができるようになってB型も使えるようになったので、ホテルのベビーカーを借りられたら借りようと思い、持って行きませんでした。

ベビーカーを常に持っていると、エスカレーターや階段の場所は通れなかったり抱えたりエレベーターを探したりで一緒に行動している友人たちに気を遣わせてしまうのがなんとなく嫌で

普段から友人たちと外出するときには極力抱っこ紐で出かけているのもあり、今回も持参しなくて私は全然大丈夫でした。

レンタカー移動なので、荷物を車に積んで置けるというのはベビーカーを使わなくても大丈夫な大きなポイントだったかなと思います。

ここは普段の生活でベビーカー派と抱っこ紐派がいるので意見が分かれるところですね。

パパがいる家族旅行だったらベビーカーを持っていくのもアリかな〜

とか色々と考えていたので、ベビーカーを持っていくか悩んでいるときは、

  1. ベビーカーを借りられるところがあるか?
  2. 荷物の量はどれくらいか?
  3. 移動距離はどれくらいか?
  4. 移動手段はどうするか?

シチュエーションに合わせて考えてみてくださいね。