旅好きともこの子育てlife
子連れ旅や幼児教育などのログ
子連れ旅行記

【生後1ヶ月半子連れ旅】首都圏から愛知へ初めての家族で1泊2日車旅行

妊娠中・出産後の遠出は賛否両論、色々と議論される行動ですよね。。

今回は産後1ヶ月半ほどで行ってきた、愛知県蒲郡への旅行記です。

生後1ヶ月半の子供を連れて行くというのにはもちろん、多少は抵抗はあったのですが

道中はずっと車移動だったのと、旅館から1歩も出ずゆっくりな旅だったので、旅好きな私にとってはかなりリフレッシュできた旅館ステイでした。

既に兄弟がいたりすると、下の子の月齢ばかりを考えていられなくなるので首すわり前でも出かける機会は出てくると思うので

旅館選びや旅の参考になれば幸いです♪

都心から愛知県へ車旅

都心から東名高速をひたすら走って3時間半ほどで着く名古屋は車の長距離運転さえクリア出来ればそんなにハードルは高くないかなと思います。

生後1ヶ月半の娘を連れて行くのに車以外の移動手段は考えられなかったので新幹線などとの比較はしませんでした。

子供が大きくなったら、母娘で長距離バスの旅なんかも面白そうだなと色々と旅の妄想は膨らみます♡

蒲郡の旅館に宿泊

愛知県の蒲郡という場所へ宿泊したのですが

夏は海水浴客やラグーナテンボスやラグナシアなどがあるラグーナ周辺は賑わう場所。

周辺にいくつかホテルや旅館もあって、その中から私が選んだ宿泊先は松風園という旅館でした。

和室の方が赤ちゃんには過ごしやすいかなと思ったのと、子供連れへのサービスがとても充実していました。

案内してくれた仲居さんには「赤ちゃんも入れる泉質ですのでよかったら一緒に入ってくださいね〜」とご丁寧に言ってくれたのはありがたかったです。

さすがに首すわり前だったので遠慮してしまいましたが・・・

旅館で用意してもらえたベビーグッズ

お部屋にはあらかじめ、ベビーバスと洗面台の前にステップが用意されていました。

ステップは洗面台で手を洗ったりするくらいの子供がいる時に重宝しますよね♪

ベビーバスも浴槽でお風呂に入れなくても楽に入浴させてあげられたのでとっても楽でした♡

松風園のホームページにもベビーバスの貸し出しがあるとは書いてあったのですが

ベビーバスの貸し出しがなさそうな宿泊先へ行くときは空気で簡単にできるベビーバスを持っていくのもオススメです♪

朝食のときに利用した食事会場ではハイ&ローチェアが何台か置いてあって

まだ食事をしない赤ちゃんにはベッド状態にして寝かしてあげながらゆっくり食事できたので

子連れに優しい宿に泊まるととっても便利なんだ♡

と実感しました。

最近はウェルカムベビーのお宿というわかりやすいミキハウス独自の認証もあるので子連れでの宿泊先も探しやすいですね。

今回私が宿泊した松風園はウェルカムベビーのお宿ではなかったですが、子連れの家族客をかなり意識した設備が多くて

必ずしも認証を受けていないから設備が揃っていないというわけではないのであしからず

ウェルカムベビーのお宿とは?
ミキハウスが行なっている子供連れでの宿泊に適した施設に行なっている認証制度。

宿泊予約サイトなどでもウェルカムベビーのお宿と記載してされています。



蒲郡周辺の観光スポット

蒲郡周辺はなんといってもラグーナ蒲郡が有名なのではないでしょうか。

私たちも、ラグナシアでお土産を買ったりと買い物をしたのですがあまり長時間の外出は避けたかったのでラグーナテンボスなどには行けませんでした。

松風園やラグーナ蒲郡周辺の東名高速の最寄りのICは音羽蒲郡インターになるのですが、

1つ東京寄りのインターの豊川インターまで下道で30分ほど走って

豊川稲荷へ寄り道をしてから帰りました。

日本三代稲荷のひとつとあって、年間500万人ほどが参拝する場所だということで

なかなかこの地に来ることはないと思ったので参拝してきました。

おいなりさんをお土産に♪

子供が生まれたら旅行になんて早々行けないんだろうな〜

なんて思っていたのですが、考え方・計画次第で子供に負担をかけず経験をさせてあげられるかなと旅好きな私にとって出産は少しネガティブな思いもしていたのですが

成長とともに楽しくなるであろう家族旅行の計画を練るのが楽しみになりました♪

生後1ヶ月での旅は無謀?いつから大丈夫?

赤ちゃんが生まれたらいつから旅行に行って大丈夫なのか、

第一子となると余計に気になりますよね。

私の周りでも、生まれる前から気にしている人もよく見かけます。

そんな私も気にしていたのですが、

周りを見渡してみると、第2子以降の生まれたての赤ちゃんってどうしても家だけで過ごすことは難しく、生後間もないうちからお出かけをすることが増えますよね。

そういったことから考えても、絶対に出掛けられないということはないんだなと思っています。

もちろん、長時間日光を浴びすぎていると疲れてしまってぐったりしてしまったり、ママも長時間歩いて産後の身体に疲れを溜めてしまったりということもあるので

気をつけなければいけないところもありますが

ゆったりまったりのんびり寛ぐ旅

なら親子共々安心できますね♪

赤ちゃんとの子連れ旅の持ち物は?

赤ちゃんとの子連れ旅行では

荷物の多さ

は覚悟しないといけないです。。。

まずはなんと言ってもオムツが意外とかさばる・・・

帰りはオムツ分、お土産が増えると考えてプラスマイナス0???

次に多いのはタオル類と洋服

洗濯ができないということを考えると、多めに持っていきたいところですよね。

そして

お風呂道具

ベビーバスは1歳の子供でもお風呂で水遊びもできるので持って行くのはアリかもしれませんね!!

空気で膨らませるタイプのベビーバスは自宅でも実家でも旅行先でもどこでも使えて便利グッズの一つですね!

オムツの外れていない赤ちゃんでも大浴場に入れたり、

バスタブで身体を温めてあげたいときに便利なのがスイマーバ

これも空気を抜けば嵩ばらないので外泊時はとてもおすすめなアイテムです♡

0歳児の赤ちゃんとの旅行の持ち物リスト

  • オムツ(多めに)&おしりふき
  • タオル
  • 洋服(多めに)
  • お風呂グッズ
  • 帽子
  • 抱っこ紐&ベビーカー(ホテルステイだと意外と必要ない?)
  • 普段使っているブランケット(あると安心する子もいます)
  • 授乳ケープ&粉ミルクグッズ

ざっとあげるだけでも結構な荷物の量になりますね!

でも、余裕を持って荷物は作った方が

ホテルや旅館から出かけずに安心して滞在できるのでオススメです♡

ぜひ参考にしてみてください!